スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには・・・。

ここ最近は仕事の画像はあまり載せてなかったんですが、
たまには良いかなと思い、ちょっとだけ紹介します。
なぜちょっとだけなのか?
なぜあまり仕事の画像を紹介しないかと云いますと、
「ペンキ屋さんの事とか、あんまり解んなぁ~い」や、
「仕事してるとこの写真とかつまんなぁ~い」と、
いつもご近所の美人な奥様方や、全国の80万人女子高生ファンに
言われるので、ほとんど紹介しないのです。

でも、
たまには良いでしょ?!
ではいきます。
高級下塗り材
まずは屋根(コロニアル)に塗装する
下塗り材(シーラーと云います)の画像。
他社と違ってちゃんと下塗りします。
下塗り工程を省くと、仕上げ面の耐久性に大きく影響を及ぼすので
絶対に省けない大変に重要な工程なのです。

高級上塗り材
次は上塗りに使用する材料。
2液形シリコン樹脂塗料(溶剤タイプ)。

他社のような安物の水性シリコンを、
下塗りもせずにいきなり塗装する様なまねは致しません。

下塗り材・上塗り材共に、それぞれの現場の状況・状態に合う、
高級材料を選定し使用して正しい施工方法で工事を行い、
お客様の大切な財産であるお住まいを、
少しでも他社の施工よりも長持ちさせる様に
懇切丁寧に施工することこそ、
弊社が地域の皆様方に選ばれる一番の理由であると
自負しております。



コロニアル仕上げ施工状況3578
画面右側の黒い部分が、高圧水洗浄が終わって、
シーラー(下塗り材)を塗装したコロニアル製屋根の状態です。
真ん中の白っぽい部分は金属製パーツに錆止め材を塗装している状態です。
この錆止め施工(下塗り)をしない業者が沢山います。
画面左側の緑色の部分は上塗り1回目の施工がしてある状態です。

瓦屋根と違い、コロニアル製の屋根は
板状のコロニアルと、金属製のパーツ{大棟(陸棟)}で
構成されており部位によって適切な下塗りを施す必要があります。
上塗り途中画像155
塗装途中の画像です。
緑色の部分が上塗り塗装1回目途中の状態で
下の黒い部分が下塗りのみ施してある状態です。
施工完了後の画像はまた明日お見せします。

でもこんな真面目なブログを書くと、
「専門用語とかキラ~イ」とかって
また美人妻の皆様方に言われるんだろうなぁ~。





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 諫早情報へ
にほんブログ村





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いけ君

Author:いけ君
FC2ブログへようこそ!

リンク
池島塗装工業のホームページにも、 お立寄り下さい。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お問合せはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問合せ内容:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。